【メール便対応可】QUOVADIS/クオバディス/2012年/スケジュール帳/ダイアリー/エグゼクティブノート/週間/ウィークリー【メール便対応可】QUOVADIS/クオバディス 2012年 1月始まりスケジュール帳 ウィークリーダイアリー エグゼクティブノート用 リフィル(クオバディス/レフィル)

ナガサワ文具センター 2625円
【メール便対応可】QUOVADIS/クオバディス/2012年/スケジュール帳/ダイアリー/エグゼクティブノート/週間/ウィークリー【メール便対応可】QUOVADIS/クオバディス 2012年 1月始まりスケジュール帳 ウィークリーダイアリー エグゼクティブノート用 リフィル(クオバディス/レフィル)

*エグゼクティブノート ジャパンエディション ベースとなる言語は英語で(タイプによってはフランス語併記)世界主要国の祝日にプラス、日本の祝日のみ日本語で表記されています。
アイボリーペーパー カバー:なし 差し替え用リフィル サイズ:16×16cm 月間ダイアリー:2011年11月〜2012年12月 週間ダイアリー:2011年47週(11月21日)〜2013年1週(1月6日) 時間目盛り:8-22時  クオバディス QUOVADIS  1月始まり ダイアリー(スケジュール帳)  QUO VADISBRAND HISTORY■クオバディスダイアリーの歴史 ●1952 フランスの港町マルセイユ。
クオバディスの創始者、Drベルトラミは、時代にあったダイアリーを見つけられず、最も使い易いダイアリーのフォーマットを自ら考案しました。
そのダイアリーとは、世界で初めて、1週間を見開きページに機能的にオーガナイズしたもの。
当初はそのフォーマットのスタンプを作り、白いノートに押してつかってました。
●1954 Drベルトラミの考案したこのダイアリーは、口コミで評判を呼び、この年、本社をマルセイユに置く小さな会社が設立されました。
同時に、1週間が1目で把握できる機能性のポイント2つを商標登録しました。
●1966 この年の、英語版、ドイツ語晩、イタリア語版、スペイン語版のダイアリーの生産、輸出が開始されました。
これを機に、クオバディスのダイアリーの人気は国際的なものになりました。
世界5台大陸・60カ国の人々に愛用されるようになり、現在に至ります。
●1988 67年のモントリオール万博賞、グッドテイスト金賞、インターナショナルクオリティ賞、76年の「フランスのアイデア」ラベル賞、数々の賞を受賞。
さらに、80年代以降も88年の「ヨーロッパの卓越・グランプリTRIOMPHE」賞をはじめとする多くの栄誉ある賞に輝き、クオバディスのダイアリーはひとつの発明として認知された。
●2000 プレステージラインがコレクションに登場。
伝統のフォーマットはそのままで、ペーパーをアイボリーに、エレガントな書体をグレーとレッドで印刷したし新ラインはシックなチョイスとして従来のコレクションの幅を広げました。
●2008 1950年代初頭の発明と呼ばれたクオバディスのダイアリーは半世紀を越えて、時間の効果的なオーガナイズを目指す人の常識となりました。
EXECUTIVENOTE エグゼクティブノート エレガントで落ち着いたアイボリーペーパーが特徴です。
レッドとグレーの2色印刷で、温かみのあるトーンが静かに高級感をかもし出しますエレガントで落ち着いたアイボリーペーパーが特徴です。
レッドとグレーの2色印刷で、温かみのあるトーンが静かに高級感をかもし出します。
右ページにゆとりのノートスペース。
充実したメモ欄が必要な「エグゼクティブ」ユーザー向 け。
時間軸は8時〜22時まで スケジュール管理に欠かせない月間ページもついています。
マンスリーで年間行事、プロジェクト管理、習い事や目標など長期計画を立て、ウィークリーに進行状況(今週できたこと、来週すべきこと)を反映させることでより効率的にスケジュール全体が見渡せます。
■クオバディスアジェンダプランニングダイアリーの特徴と使い方 AGENDA PLANNING DIARY クオバディス・アジェンダダイアリーの特徴はその合理的な機能性。
1週間が見開きページにコンパクトに一目でわかるように レイアウトされています※下記はエグゼクティブダイアリーの使用例です。
祝日表記 : さまざまな言語のエディションが存在し、ジャパンエディションには日本の祝日が日本語で表記されています。
ドミナント : その日その週の最優先事項、メインイベントなどを表記します。
1日、1週間のプランニングの軸となるスペースです。
  ※DominanteRはQuo Vadisの登録商標です。
デイリータイムスケジュール : クオバディスが考案したバーチカル式フォーマット。
時間軸に従って予定を書き込めば1日の予定 が一目で把握でき、無駄のないスケジュール管理が可能になります。
オートマチック開閉 : 週ごとにこのミシン目を切り取っておきます。
そうすればその週のページをダイレクトに開くことができます。
週/日カウント : 年頭から数えて何週目か、また何日目かを表示。
欧米とのビジネスには欠かせない便利な表記です。
月間カレンダー : 前後3カ月分の月間カレンダーで、ページをめくることなくスムーズに日付確認ができます。
クオバディスの覚書欄 : 覚書欄には、電話、Eメール、すべきこと、などの項目が用意されています。
ここに書き込んでおけば、大切な要件を忘れることなくミスを防ぐことができます。
ノート : その週のメモ欄としてアイデアや出来事などを書きとめるのに便利なスペース。