2012年版は中川政七商店コラボダイアリーが登場!麻製のカバーです。 【QuoVadis】クオバディス×中川政七商店コラボダイアリー 2012年1月始まりダイアリー エクオロジー エグゼクティブ 【クオバディス 手帳】

イーオフィス 5040円
2012年版は中川政七商店コラボダイアリーが登場!麻製のカバーです。 【QuoVadis】クオバディス×中川政七商店コラボダイアリー 2012年1月始まりダイアリー エクオロジー エグゼクティブ 【クオバディス 手帳】

【QuoVadis】クオバディス×中川政七商店コラボダイアリー 2012年1月始まりダイアリー エクオロジー エグゼクティブ麻織物の老舗ブランド「中川政七商店」とのコラボレーション!手にすると、さらっとした麻の心地よい質感が手に伝わるカバーは、素材だけでなく、刺しゅうや仕上げなど、細部にまで伝統工芸ならではのこだわりと丁寧な手仕事がうかがえます。
「エクオロジー」は、クオバディスの機能・デザインはそのままに、再生紙100%、植物性インク100%、リサイクル可能なカバーを使用したダイアリーです。
クオバディスと言えば正方形ダイアリー「エグゼクティブ」。
半世紀以上も愛されているフォーマットの機能性を最も実感していただけるサイズです。
サイズ:16×16cm・タイムライン8時〜22時 ・前半に見開き1ヶ月のマンスリーページ・マンスリー11年11月〜12年12月・ウィークリー11年47週〜13年1週・インフォメーションページ ・カラーマップ ジャパンエディション(英語表記・祝祭日のみ日本語表記)●ダイアリーの一覧を見る QuoVadis クオバディス 2012ダイアリー クオバディス×中川政七商店「EQUOLOGY Executive/エクオロジーエグゼクティブ」 麻織物の老舗ブランド「中川政七商店」とのコラボレーション!【中川政七商店】とは・中川政七商店は享保元年(1716)年に創業。
奈良を発祥の地として約300年もの間、手紡ぎ手織りの麻織物を扱い続けている老舗ブランド。
「日本の伝統工芸を元気にする!」というビジョンを掲げ、伝統工芸をベースにした幅広い雑貨の企画・製造・販売を行う。
「遊 中川」「粋更kisara」「中川政七商店」の3つのブランドを全国に展開し、新しいライフスタイルを発信し続けています。
【手紡ぎ手織り麻】奈良には「奈良晒」と呼ばれる高級麻織物がありました。
奈良晒は手紡ぎ手織りの麻を白く晒したもので、この生地を1疋(約24m)織るには熟練の織り子で10日かかります。
1疋の生地に必要な糸は1.2kgで、その糸を紡ぐのには24日かかります。
それ以外にも生地ができるまでに必要な作業はたくさんあります。
1疋の生地を作るには多くの人の手と多くの時間を要しますが、こうして織られた生地には深みがあり、あたたかさがあります。
手にすると、さらっとした麻の心地よい質感が手に伝わるカバーは、素材だけでなく、刺しゅうや仕上げなど、細部にまで伝統工芸ならではのこだわりと丁寧な手仕事がうかがえます。
カバー見返しには、鹿とエッフェル塔の刺しゅう入りカードポケットが付けられています。
この刺しゅう、中川政七商店のオリジナルロゴ=シカとフランスのモチーフ=エッフェル塔を隣り合わせにすることで、今回のスペシャルコラボを意味しています。
クオバディスのブランドロゴではなく、エッフェル塔をモチーフで表現しているところがポイントです。
サイドにはペンホルダーを付属し利便性を追求。
ダイアリーをしっかりとめてくれるボタンと紐は、麻との相性の良い牛革素材を採用することで、デザインにアクセントをきかせています。
環境への優しさを日々実感できるダイアリー【再生紙を100%使用しています】用紙は「ブルーエンジェル」の認証を受けた100%再生紙を使用しています。
(※フランスで取得)再生紙であるにもかかわらず、なめらかで流れるような書き心地。
クオバディスの通常のダイアリーと同じ紙質を約束しています。
再生紙は水とエネルギー消費を抑え、天然資源を守ることにつながります。
【植物性インクを100%使用しています】「Imprim'vert(グリーンプリンタ)」で認証された、100%植物性インクを使用し、ダイアリーを印刷しています。
紙質に合った2色の印刷でダイアリーとしての機能をさらにプラス。
植物性インクは石油系の油分が入っていないため、大気汚染の防止につながると考えられています。
また、石油成分を含まないことから、再生紙へのリサイクルもしやすく環境に優しいインクとして知られています。
 フォーマットはクオバディス定番正方形の「エグゼクティブ」 16×16cm クオバディスと言えば正方形ダイアリー「エグゼクティブ」。
半世紀以上も愛されているフォーマットの機能性を最も実感していただけるサイズです。
働く女性に人気の「エグゼクティブ」。
あなたのファーストクオバディスにこの1冊。
・タイムライン8時〜22時 ・前半に見開き1ヶ月のマンスリーページ・マンスリー11年11月〜12年12月・ウィークリー11年47週〜13年1週・インフォメーションページ ・カラーマップ ジャパンエディション(英語表記・祝祭日のみ日本語表記)  アジェンダプランニングダイアリーの特徴と使い方【1】祝日表記さまざまな言語のエディションが存在し、ジャパンエディションには日本の終日が日本語で表記されています。
【2】ドミナントその日その週の最優先事項、メインイベントなどを記入します。
1日、1週間のプランニングの軸となるスペースです。
【3】デイリータイムスケジュールクオバディスが考案したバーチカル式フォーマット。
時間軸に従って予定を書き込めば1日の予定がひと目で把握でき、無駄のないスケジュール管理が可能になります。
【4】オートマチック開閉週ごとにミシン目を切り取っておきます。
そうすればその週のページをダイレクトに開く事ができます。
【5】週/日カウント年頭から数えて何周目か、また何日目かを表示。
欧米とのビジネスには欠かせない便利な表記です。
【6】月間カレンダー前後3カ月分の月間カレンダーで、ページをめくることなくスマートに日付確認ができます。
【7】クオバディスの覚書欄覚書欄には、電話、Eメール、すべき事などの項目が用意されています。
ここに書き込んでおけば大事な要件を忘れる・といったミスを防げます。
【8】ノートその日のメモ欄としてアイデアや出来事などを書きとめるのに便利なスペースです。
【9】ブルーエンジェル認証用紙は「ブルーエンジェル」の認証を受けた100%再生紙を使用しています。
(※フランスで取得)再生紙は水とエネルギー消費を抑え、天然資源を守ることにつながります。
クオバディスダイアリーの歴史・フランスの港町マルセイユ。
クオバディスの創設者、Dr.ベルトラミは、時代に合ったダイアリーを見つけられず、最も使いやすいダイアリーのフォーマットを自ら考案しました(1952年)。
そのダイア
リーとは世界で初めて1週間を見開きページに機能的にオーガナイズしたものでした。
1988年クオバディスのダイアリーが発明品として認められ、人気は国際的になり、現在は時間の効果的なオーガナイズを目指す人の常識になりました。